ads area

【万年筆/インク】「とうとうコンバーターデビューするよ!」(海外の反応)



上の画像はイメージ、サムネイル用です。

1:投稿者さん

頼んでいたコンバーターとインクが届いたよ!





2:海外の万年筆ユーザーさん

良いチョイスだね!
たくさん書くならこのボトルしか考えられないよ。




3:投稿者さん

それを聞いて安心した!
他にオススメのインクって何かあるかい?
色々試したいんだけど種類があまりにも多すぎて決めるのが大変なんだよね……。




4:海外の万年筆ユーザーさん

うーん、それはきみが何を求めているかによるよ。
インクのサンプルを扱ってる店でいくつか買ってみて実際に試してみるのもいいんじゃないかな。




5:投稿者さん

「どんなものが欲しいかによる」ってことに今まで全く気づかなかったよ。言われてみれば確かにそうだ。




6:海外の万年筆ユーザーさん

Parker Quinkいいぞ。




7:海外の万年筆ユーザーさん

俺はSheaffer Skripを推すよ。




8:海外の万年筆ユーザーさん

じゃあこっちはNoodler's Bulletproof BlackWaterman's Intense Blackを推そう。
この二つも仕事用に向いてるから。




9:海外の万年筆ユーザーさん

俺もParker JotterにBulletproof Black入れて使ってる。
これは本当に良いインクだよな!




10:海外の万年筆ユーザーさん

すごいの買ったなあ。
色のことじゃなくてサイズのことね。俺もパイロットブルーブラックは好きだから。
350mlなら5000ページか1万ページ分くらい書けると思う。ウェットペンの太字なら3000ページくらい。
とりあえず3ドルくらいで売ってる30mlの空ボトルを買ってきて、それに注いでから使ったほうがいいよ。
ただしその中身が余ったからと言ってボトルに戻さないように。インクにはカビが生える可能性があるんだ。一度出したものは菌が繁殖してる可能性があって、それを戻しちゃうとボトル内の綺麗なインクと混じって大変なことになる。戻さなかったら30ml分のインクがダメになるだけで済むからね。

でもまあ、これを使い切らないといけないって決まりはないんだし、気になるインクがあるなら買ってもいいと思う。
俺はブルーブラック三つ、レッドブラック二つ、ブルーとグリーンを一つずつ持ってるけど、それぞれ楽しんで使ってるし。
他のインクにも手を出していくなら、たぶんこの350mlのボトルは一本で一生分持つよ。


※ウェットペンはインクフローが多いペンのことを指します。インクがたくさん出やすいので筆跡も太くなります。そのため滲みや裏抜けを起こす可能性もあります。
詳細はこちらの「Dry(ドライ)」「Wet(ウェット)」について をご覧ください。



11:投稿者さん

1万ページも書けると聞いて正直嬉しくなった。だって半端じゃない量の文章を書くからね。
それにちょうど「小さい容器買おうかな」って思ってたんだ。カビについても知っておいたほうがいいことってある?




12:海外の万年筆ユーザーさん

ほとんどのインクには防腐剤が入っててカビが発生しにくいから大丈夫。
でも350mlのボトルの場合は空ボトルを買っておいたほうがいいよ。詰め替えないとどうやってもペンがインクまで届かないから。数ドル分余計に払うことになるけどその価値はあるよ。
まあ防腐剤が入っているから絶対に劣化しないってわけじゃないけどね。例えばPrivate Reserveはカビが生えやすいって話がある。これは色々調べて自分で判断してほしい。
個人的にはPrivate Reserveのインクで問題が起きたことはないよ。カートリッジを使ってるからかもしれないけど。

それと一番気をつけないといけないこと。
「同じインクを入れるんだからペンは綺麗にしなくていい」って考えはアウト。
万年筆は書いている間、空気中に漂ってるカビとかホコリとか花粉にずっと晒されてるんだ。これをそのまま大きなボトルに突っ込んじゃうと大変なことになる。防腐剤の効果で殺菌されるならいいけど、そうじゃない場合は……。
そのボトルだと、使ってるコンバーターにもよるけど大体700回くらい補充することになると思う。補充するときに1%の確率でカビが発生すると仮定しても、間違いなく350ml分を使い切る前に台無しになっちゃうだろうね。
だからこそ小さいボトルに移し替えて使うべき。そうすれば大きなほうのボトルにペンを浸けることもないからね。




13:海外の万年筆ユーザーさん

そのインクの匂いを嗅げば分かるけど強力な防腐剤が入ってるぞ。
だからカビについては心配しなくていい。といっても小さいボトルに移すのは当たり前だけどな。




14:海外の万年筆ユーザーさん

パイロットはリザーバー付きの70mlボトルも売ってるよ。
俺は350mlと70mlの両方を持っててパイロットカスタム823と合わせて使ってる。ペン先をうまくインクに入れないといけないからね。
他の人が言ってるようにインクを長持ちさせるために移し替えたほうがいいよ。小さいボトルを買わないならショットグラスみたいなもので代用するのもあり。




15:海外の万年筆ユーザーさん

最初に見たときペプシのペットボトルかと思った!
これから楽しんでね!




16:海外の万年筆ユーザーさん

そのボトルは常に使うとしても十年くらい持つからね。




17:海外の万年筆ユーザーさん

仕事か学校、それと趣味で使うのなら二年くらいしか持たないぞ。四年で二本使い切ったし。




18:海外の万年筆ユーザーさん

あくまで一般論でしょ。条件によってどれくらい持つかは変わるものだ。
俺はNoodler's x featherを日常的に使ってて毎日1~3ページほど書いてる。それでも一年で半分消費するかしないか。まあ350mlボトルには遠く及ばない量だけどさ。


(Noodler's x featherには約90mlの3オンス、約130mlの4.5オンスの二種類があります。)



19:海外の万年筆ユーザーさん

まあ十人十色だわな。




20:海外の万年筆ユーザーさん

そのとおり!




21:海外の万年筆ユーザーさん

Lamyのコンバーターは0.8ml入るから、350mlなら437.5回分になるのか。
一滴もこぼさずに綺麗に使い切った場合の話だけど。




22:海外の万年筆ユーザーさん

使い切るまでに少なくとも5ml分はこぼしたり拭き取ったりすると思う。
それでも400回以上使えるのは間違いない。




23:海外の万年筆ユーザーさん

良いものを買ったね!
俺はそのほかに赤と黒を持ってるんだ。色も綺麗だし本当によくできたインクさ。
他の人も言ってるように、小瓶に5mlくらい入れてそこから補充してるよ。
このボトルと小瓶は出番が多くてね、家族とか友達とかにJinhaoと一緒に合わせてプレゼントするのにも使えるんだ。これをきっかけにして万年筆にハマってもらえるかもしれないしね。


@arellano81366がシェアした投稿 -




24:海外の万年筆ユーザーさん

Lamyとパイロットブルーブラックは初心者にぴったりの組み合わせだ。
仕事向け学校向けでは素晴らしいインクだし値段が安からな。ルームメイトも気に入ってるインクだ。
もし他のインクを試したいならGoulet Penをチェックするといい。俺はここで二十種類のサンプルを買って、その中から気に入った四つのインクを使ってる。
一番好きなやつはこれ。


Noodler's Liberty's Elysium


25:海外の万年筆ユーザーさん

このインクは本当に好きだけど、このサイズを買おうとは絶対に思わないな……。






学生さん以外であのボトルを使い切るのは大変ではないでしょうか。
人によっては50mlのインクでさえ年単位でかかるんじゃないかと思います。

引用元:inkcyclopedia

0 件のコメント