ads area

【万年筆】「日本の万年筆パイロット912FAは素晴らしい!」(海外の反応)



上の画像はイメージ、サムネイル用です。

1:投稿者さん
パイロットカスタムヘリテイジ912 FA(フォルカン)で初めてのGIFを作ってみた。



パイロットカスタムヘリテイジ912
引用元:https://www.pen-house.net/detail/detail17452_001.html



2:海外の万年筆ユーザーさん

912のFAってどんな感じなの?
聞いたところによると、ときどきインクフローが追い付かなくなることがあるとか。
実際にそういうことってあった?




3:投稿者さん

書きだしが上手くいかないことはあったよ。これは一般的に紙の上に付着した油のせいって言われてるけど。
でもレイルローディングは起きてないね。他と比べて薄めのインクを使ってるからかな。


※レイルローディング(railroading)


画像のように書いた線や文字の中が空白になってしまうことです。ちょうど線路のように見えることからこう呼ばれています。
原因はニブが強い筆圧で広がり、それにインクフローが追い付かなくなってしまったり、毛細管現象が起きずにインクが正常に流れなくなったりすることなどが挙げられます。
軟調ニブ、フレックスニブによく見られる現象です。



4:海外の万年筆ユーザーさん

そうなのかー。
FAニブの万年筆が欲しいんだけど、912と742(743だったかも?)はレイルローディングするって評判だったし二の足を踏んでたんだよね。
だから823のほうを買うつもりだったんだ。
でも薄めのインクで対処できるってことなら912に賭けてみようかな!


パイロットカスタム742
引用元:https://www.pen-house.net/detail/detail02612_003.html

パイロットカスタム743
引用元:https://www.pen-house.net/detail/detail02616_001.html



5:投稿者さん

912に不満な点は一つもないよ、これはマジ。
今までゼブラGペン、フランケンペン、ヴィンテージのフレックス、セミフレックスを色々と使ったことがあるけど、FAニブは一番気に入ってる。
この先ニブをオブリーク調整したり少しだけ手を加えるかもしれないけど、単純にフレックスの書き味を楽しむなら最適なペンだと思う。


※フランケンペン(franken pen)
複数の万年筆の部品(ニブ、軸など)を組み合わせて一つにしたものことです。
プラモデルや自動車のレストアでいうところのニコイチとほぼ同じ意味です。
フランケンシュタインのように色々なパーツを組み合わせていることからフランケンペンと呼んでいるようです。

※オブリーク(oblique)
ペン先を斜めに切ったような形をしているもののことを指します。
カリグラフィー向けや左利き用に作られたとも、捻るように文字を書く癖のある人向けに作られたとも言われています。
由来は諸説あり、どれが正しいのか、どれも正しいのか、詳しいことは不明です。
現在は見る機会が少なくなったニブです。
カリグラフィー用のペンホルダーとしてオブリークホルダーというものもあります。



6:海外の万年筆ユーザーさん

おーいいねー、俺もフレックス欲しいよ。




7:投稿者さん

それならフランケンペンを作ってみるといい。
25ドル程度で作れるし、万年筆の構造とフロー調整のやり方について学べるからオススメ。
次点ならパイロットの安いFAニブを買うことかな。912か742の中古なら大体110~130ドルくらいで手に入るよ。
個人的にエラボーは嫌いだから触れないでおく。

パイロットエラボー
引用元:http://www.pilot.co.jp/library/015/



8:海外の万年筆ユーザーさん

エラボー買ったばかりなんだけど、どこが気に入らないか教えてくれる?




9:投稿者さん

912と742は91のSF(ソフトファイン、軟調細字)より0.01くらい柔らかくて、ペンそのものの出来も良いんだよ。
で、エラボーは実際のところ値段が高い。
だから同じ値段で買えて、なおかつ超柔らかくてインク容量も多い742のほうが良い。
あと俺の上向きの筆運びと角度がエラボーと合ってないってのもある。

(エラボーは日本円で18,000円と27,000円の二種類あります。)




10:海外の万年筆ユーザーさん

なるほどね、ありがとう。




11:海外の万年筆ユーザーさん

そのフランケンペンって何のこと?




12:投稿者さん

これ。





13:海外の万年筆ユーザーさん

これのことなのか、じゃあもうフランケンペンってやつ持ってるわ。Jinhao 750にゼブラGつけたやつw
ただ一点だけ嫌なところがあって、これインクが少ししか入らないんだよね。
フランケンペンのベースに最適な万年筆って何かない?

jinhao x750
引用元:https://www.amazon.co.jp/
ゼブラG
引用元:https://www.amazon.co.jp/



14:投稿者さん

俺のお気に入りはNoodler's Ahabだけど、これを使うならニブとペン芯が合うように少しだけ伸ばさないといけない。
Ahabは大容量だし、さらに手を加えればアイドロッパー式にもなる。この改造には勇気がいるけどね。


※アイドロッパー(eye dropper)
スポイトなどを使ってインクを直接軸に補充する方式のことです。
万年筆の軸をコンバーターやカートリッジ代わりに使っているようなものです。
アイドロッパーはこれらの方式よりも非常に多くのインクを入れることができます。

Noodler's ink Ahab
引用元:http://noodlersink.com/ahab-fountain-pens-by-noodlers-ink/



15:海外の万年筆ユーザーさん

ahabは二本持ってるけどもう何年も使ってないわ。
ちゃんとペン先まで流れるように調節しないとレイルローディングが起きるしインクも漏れる。しかもキャップの中でもインクが漏れるっていうね。
これ普通のニブに取り変えたら直ったりする?




16:投稿者さん

二本ともゼブラGのニブつけてるの?




17:海外の万年筆ユーザーさん

いや、どっちも買ったときについてた予備のnoodler's製のニブをつけてる。




18:投稿者さん

それならペン芯を奥まで入れてみて。
熱湯で柔らかくしたペン芯にニブを乗せてからやるとぴったり合うよ。




19:海外の万年筆ユーザーさん

これどれくらい使いこんだの?
かなり慣らされてるようだけど。




20:投稿者さん

良い質問ですねえ!
実はこれ中古で手に入れたものなんだよ。だからどれくらいかは分からない。でも使い込まれてるのは間違いないね。
あとこれを手に入れてから十日間で五回くらいインク補充したかな。




21:海外の万年筆ユーザーさん

十日間で五回っておかしいだろww
まあそんな風に使っても問題ないってことが分かったよ。
注文した823 FAが届くのが楽しみだ。

(パイロットはFAの823を販売していません。別のお店での事実上限定販売になります。)
パイロットカスタム823
引用元:https://www.pen-house.net/detail/detail02644_009.html



22:投稿者さん

823はいつかは買いたいペンだなあ。
そのときはSFかSEF(ソフトエクストラファイン)のどっちかにしそう。
これなら912とは使い分けできるようになるし。




23:海外の万年筆ユーザーさん

823と912のニブは交換できないよ。
823には#15(15号)が使われてて、912は#10(10号)が使われてるから。




24:投稿者さん

えっ、嘘だろ……俺の夢が……。




25:海外の万年筆ユーザーさん

823と同じニブが使われてるのは743のほうだね。
743は823のプランジャー式じゃなくてカートリッジ/コンバーター式になっちゃうけど。




26:海外の万年筆ユーザーさん

素晴らしいニブの撓り方だ。




27:海外の万年筆ユーザーさん

インクは何を使ってるの?




28:投稿者さん

これはJ.Herbin Apple GreenとParker Quink Blackを8:2の割合で混ぜたやつ。
混ぜないと前者はちょっと薄すぎるし、後者はちょっと鮮やかすぎるからね。
少なくとも混ぜたほうがフレックスの書き味に合うかなって思ったんだ。
J.Herbin Apple Greenは匂いつきのインクなんだけど、混ぜないとちょっときついってこともある。

(インクの混合は危険なので、慣れないうちはしないほうがいいと思います。)

J.Herbin Apple Green
引用元:https://www.pen-house.net/detail/detail38547_007.html

Parker Quink Black
引用元:http://www.yodobashi.com/product/100000001000016844/



29:海外の万年筆ユーザーさん

いつかはこんな風に書いてみたいなあ😊






ちなみに管理人はFAニブが好きです。でもエラボーのほうがもっとが好きです。

0 件のコメント