ads area

【万年筆】「待ちに待った真鍮製の万年筆がついにやってきた」(海外の反応)



上の画像はイメージ、サムネイル用です。

1:投稿者さん

ついにKaweco Liliput Brass(真鍮)を手に入れたぞ。





2:海外の万年筆ユーザーさん

サムネ見て「これ良いじゃん!!」って思ったんだけど、スレ開いて見たら私のお気に入りのペンの色違いだったわ。




3:投稿者さん

何色買ったの?




4:海外の万年筆ユーザーさん

私のはfireblueのF(細字)。
fireblueは同じペンでも模様が違っていて、ブルーの濃淡もすごく良いの。
これを外で使うたびに、周りにいる人がびっくりする。




5:投稿者さん

brassは手に入れたけど、fireblueも欲しいんだよねー。




6:海外の万年筆ユーザーさん

俺もこの前fireblue注文したぞ。たぶん明日届くはず。
領収書とかにサインするとき、ボールペンの代わりに使おうと思ってるから、財布に入れて毎日持ち運ぶつもりだ。




7:海外の万年筆ユーザーさん

私も同じもの持ってて毎日持ち歩いてる。
もうめちゃくちゃ気に入ってる。




8:投稿者さん

fireblueは見た目がかっこいいから気になってた。
でも、他の人から「brass持ってるけど交換してあげようか?」って話を持ちかけられていたんだ。それで最終的にbrassのほうに落ち着いた感じ。
このペンは滑りにくくて持ち運びに合ってるから、ポケットに入れておくつもりだよ。
今のところは完璧なペンだと思ってる。
ただ、言っておかなければならないこともある。このペンはクリップがついてないから、どうしても転がってしまうんだよ。だからペンの置き方について注意を払ったほうがいい。




9:海外の万年筆ユーザーさん

これってcopper?
私が持ってるLiliputはニブを太字の14kに付け替えなくちゃいけなかったけど、すごく書きやすくなったから気に入ってる。




10:投稿者さん

これはbrassにbronzeのクリップをつけてるんだ。
ニブはイタリックニブにしてる。線の表現が豊かで、書いていてすごく楽しいよ。
今は問題なく書けてるんだけど、14kのニブに交換する価値ってあるかな?




11:海外の万年筆ユーザーさん

brassにbronzeクリップは映えるね。 自分もLiliputが気に入ってるよ。本当に素晴らしい万年筆だ。




12:海外の万年筆ユーザーさん

何か書いてみてアップしてくれます?
それと値段はいくらでした?




13:投稿者さん

はい。インクはtopazを使ってる。
実はこれ交換で手に入れたものなんだよ。でも値段はニブのサイズに関係なく約80ドルだったはず。
ネットのレビューでは1.1イタリックはドライだって話だったけど、そんな風に感じたことはないね。



※このインクはmonteverde topazだと思われます。



※イタリックニブはペン先が通常の字幅よりも幅広になっているもののことです。
表記は1.1イタリック、イタリック1.0などで、数字は幅(単位はmm、ミリメートル)を表しています。
このニブでは縦の線は太くなり、横の線は細くなります。
カリグラフィー向けで、普段使いには向いていません。
また筆記時の角度に非常にうるさいので慣れるまでは大変と言われています。
同じようなニブにスタブニブ(stub nib)があります。こちらは普段使いがしやすいように若干丸みを帯びた作りになっています。



※ドライペンはインクフローが少ないものを指します。フローが絞られているため筆跡も細めになります。
詳細はこちらの「Dry(ドライ)」「Wet(ウェット)」について をご覧ください。



14:海外の万年筆ユーザーさん

どうもありがとう!




15:投稿者さん

いえいえ。
ところで、きみのLiliput brassはもう経年変化が起きてる?
経年変化で色合いがどうなるのかとても楽しみなんだよね。


※kawecoの真鍮モデルは使い込むことで経年変化を起こします。
これを一つの楽しみとする方もいるようです。



16:海外の万年筆ユーザーさん

Liliput brassは持っていないんです。 でもkaweco sport brassは持っていますよ。経年変化は起きていませんが。




17:海外の万年筆ユーザーさん

なかなか良い具合になるよ。
自分のはこんな感じになってる。画質悪いんだけど分かるかな?





18:投稿者さん

これは最高だね。
brassを選んだ一番の理由は、経年変化が楽しめるってことだったからさ。
どんな感じになるか分かって助かったよ!




19:海外の万年筆ユーザーさん

自分も最近になって1.1スタブのニブを手に入れたんだ。良いよねこれ。
それとbrassについてるクリップはどこで買ったの? これめちゃ似合ってるよ。




20:投稿者さん

買ったのは地元の文房具店だったけど、JetPens.comでも売ってるっぽい。
ぜひ調べてみてほしい。クリップは転がり防止にもなるからね!


※JetPens.comはアメリカの文房具専門オンラインストアです。
創業当初から日本の文房具を販売しているようです。



21:海外の万年筆ユーザーさん

俺もずっと前からLiliput欲しいなって思ってるんだよね。
でも、kawecoのニブに関するQA(品質検査、品質保証)が大雑把って噂を耳にしてさ、二の足を踏んでるんだ。
書きにくいペンに70ドルも出すのは怖い。




22:投稿者さん

買う前に近くの文房具店で試し書きしてみたら?
俺のは良く書けてるけど、そういう懸念は聞いたことがある。




23:海外の万年筆ユーザーさん

Liliputシリーズのどれか一つは買いたいと思ってる。




24:投稿者さん

俺はちっとも後悔してないよ。




25:海外の万年筆ユーザーさん

実はさ、他にもたくさんのペンを持ってるんだ。それでも欲しいなって思ってるんだけど、お金が足りてないっていうね。
しかも欲しい腕時計が二つあって、支援したいキックスターターのプロジェクトもたくさんあるんだ。ああ、それとナイフと練習用のバタフライナイフも新調したいと思ってたんだった。
欲しいものがあまりにも多すぎて、何から手をつければいいか分からんw




26:投稿者さん

brassには二年前から目をつけていて、最近になってようやく手に入れるだけの余裕が出来たんだ。
これは限定品とかキックスターターみたいなものと違って、少しくらい放っておいてもなくなったりはしないからね。すぐに手に入れなくてもいいと思うよ。




27:海外の万年筆ユーザーさん

良いデザインだね。使っててどんな感じ?




28:投稿者さん

今のところは、この書き味が気に入ってるよ。
俺は手が小さいほうだから馴染みやすいし、ポケットサイズで扱いやすいんだ。イタリックニブも書きやすいからね。
筆跡がどんな感じになるか知りたいなら、上のほうに画像を貼ってあるからそっちを見てほしい。




29:海外の万年筆ユーザーさん

いいなあ!
このクリップはどこで手に入れたの?
自分のLiliputはクリップがないから、転がっていくの止められないんだけど。




30:海外の万年筆ユーザーさん

これ、自分のLiliput copperとbrassね。
ついてるクリップはブロンズ製だから、これも経年変化を楽しめるよ。





31:投稿者さん

基本的にクリップがないペンは転がる危険性があるからね!
俺は地元の文房具店で買ったけど、JetPens.comでも買えるみたいだ。確かLiliput用のクリップはブロンズ製のしかなかったはず。
値段は6ドル程度だから、買うことを強くお勧めする!




32:海外の万年筆ユーザーさん

Fisherのクリップも使えるよ。見た目があんまり良くないけど。




33:海外の万年筆ユーザーさん

Liliputはコンバーターって使える?




34:投稿者さん

kawecoとMonteverdeが出してるミニコンバーターが使えるけど、小さすぎてキツキツだからやめたほうがいいと思う。
一番いい方法は、カートリッジを綺麗にしてから、スポイトでインクを補充して再利用することだと思う。


※カートリッジの再利用はインク漏れの可能性もあるので、自己責任でお願いします。



35:海外の万年筆ユーザーさん

そのコンバーターって使ったことある? JetPensとGoulet Penで調べたら、Liliputには合わないみたいだけど。


※Goulet Penはアメリカの万年筆専門店です。
五百を超えるインクを、約2mlの小瓶に分けてサンプルとして販売しています。



36:投稿者さん

俺はやったことないけど、他の人が両方とも試した話を聞いたんだ。 たぶん、kawecoのミニコンバーターは使えると思う。でもインクの容量は少ない。 他のコンバーターはちゃんと装着できなかったり、弄りまわさないとぴったりはまらないときもあるみたいだ。






真鍮の万年筆は一度も手にしたことがありません。
手が臭くなったりしないんでしょうか?

0 件のコメント