ads area

【万年筆】海外「日本のセーラー、ドイツのPelikan、イタリアのVisconti、どれが一番良い万年筆だと思う?」(海外の反応)



上の画像はイメージ、サムネイル用です。

1:投稿者さん

次に買う万年筆を何にするかずっと悩んでるんだ。
この前、セーラーキングプロフィットの太字を試し書きしてきたんだ。万年筆のサイズも良かったし、書き味もとても滑らかだったから気に入ったんだ。
でもPelikan M1000とVisconti Homo Sapiens/Opera Masterも気になってるんだよね。この二つは試したことないから、どんな感じでどんな書き味なのか詳しく知りたいんだ。
ニブは中字か太字のどちらかにしようと思ってる。それから、セーラーのニブがヨーロッパのものよりも字幅が細いことは分かってる。もちろん、この三つの万年筆のインク補充方式が違うということも分かってるよ。
そういうわけで、みんなの意見と使用感を教えてくれると嬉しい。




2:海外の万年筆ユーザーさん

Viscontiはやめたほうがいいと思う。
ここの品質管理は杜撰なんだ。本当にがっかりするよ。大金を払って手に入るものがおしゃれな外見をしたゴミなんだからね。




3:海外の万年筆ユーザーさん

Viscontiに対する数々の批判が不当なものだとは思わない。でも、その問題に対処する方法もあるよ。いくつかの小売店では、発送前に万年筆をテストするかどうか提案してくれるから。
だから、Viscontiが欲しいけど品質に関して不安があるというのなら、Nibs.comみたいなサイトを選ぶといいよ。お金は少しかかっちゃうと思うけど、失望することはないんじゃないかな。


※Nibs.comは海外の万年筆のオンラインストアです。



4:海外の万年筆ユーザーさん

一位、Pelikan
Pelikanを買うということは、素晴らしい軸とニブ、そして洗練されたピストンフィラーの万年筆に対してお金を払うということ。

二位、セーラー
セーラーを買うということは、素晴らしい軸とニブ、そしてとても酷いカートリッジ/コンバーターの万年筆に対してお金を払うということ。

三位、Visconti
Viscontiを買うということは、とても酷いニブと素晴らしい軸、そして洗練されたパワーフィラー(プランジャー式)の万年筆に対してお金を払うということ。




5:海外の万年筆ユーザーさん

>Viscontiにするなら、とても酷いニブと素晴らしい軸
軸も酷いんだよなあ。




6:海外の万年筆ユーザーさん

友達がVisconti持ってるけど、ピストンフィラーのどこかが壊れてるみたいで、インクを補充したそばからボトルの中に吐き出してた。
これは友達の買った最後のViscontiになるだろうね。




7:海外の万年筆ユーザーさん

補充のメカニズムも注目するようなもんじゃないよ。
キャップのクリップについてるブランド名ですらちゃんと刻印できないんだからね。ここ擦っちゃだめだよ。一か月以内に消えてなくなるから。




8:海外の万年筆ユーザーさん

>Viscontiを買うということは、とても酷いニブと素晴らしい軸、そして洗練されたパワーフィラー(プランジャー式)の万年筆に対してお金を払うということ。




9:海外の万年筆ユーザーさん

Viscontiは二位だと思うんだけど、違う? ニブの交換は補充方式に手を加えるよりも簡単でしょ。
まあ、自分にとってベストな万年筆はプラチナとパイロットだから、Viscontiについて色々言うことはできないけど。




10:海外の万年筆ユーザーさん

Viscontiを三位にしたのは、書けないペンを売るような会社は受け入れられないから。




11:海外の万年筆ユーザーさん

書いてて引っかかる感じはあるけど、書けないわけではないよ。
でも安心してほしい。Viscontiは四位だから。空いた三位に入るのは、これ以外の全ての万年筆だよ。




12:海外の万年筆ユーザーさん

セーラーだね。
万年筆において重要なことは「書く」ということだよ。そしてセーラーは世界一、宇宙一のニブを作ってるブランドだ。




13:海外の万年筆ユーザーさん

個人的にはVisconti Homo Sapiensが気に入ってるよ。形も重さもちょうどいいんだよね。ニブの出来についてだけど、一本は酷い調整で、もう一本のほうは良い太さだったよ。これはこれで退屈だったんだけどね。今は両方ともMasuyamaさんに調整してもらったよ。
自分がハイエンドの万年筆を買うときに重視している点は、それが好きな軸で満足できるニブの素材が使われているかどうかってところ。ニブの調整については後からいくらでもできるからね。
それと二つ聞きたいことがあるんだ。
まず万年筆だけど、Conid Kingsizeはどうかな?
あとインクはどれくらいの頻度で消費するのかな? かなりの頻度でインクを補充しないといけないなら、プランジャー式は避けたほうがいいかもしれないよ。


※Masuyamaさんは、アメリカ在住の調整師Michael Masuyamaさんのことです。

※Conid king sizeは、ベルギーのブランドConid Penが製作している万年筆です。



14:投稿者さん

Conid King sizeは考えてなかったなあ。King sizeの軸はかなり太いのかな?
インクの補充はそこそこの頻度だから、ピストンフィラーかカートリッジ/コンバーターがいいんじゃないかなって思う。




15:海外の万年筆ユーザーさん

何を求めているかによるよ。
自分はPelikanの万年筆が好きだけど、フレックスニブみたいな線のバリエーションはつけられないよ。Pelikanはそういう使い方を目的とはしてないから。
キングプロフィットは悪くないね。でも、(自分は普通のニブもクロスエンペラーのニブも持ってないけど)、ニブはパイロットカスタム漆には及ばないと思う。
Viscontiはトラベルインクポット以外買ったことないなあ。これは問題なく使えているから返品してないよ。
最近はWatermanのsereniteとEdsonを使ってよく書いてるんだ。この二本のニブは(自分が買ったパイロット、セーラー、Pelikanの大きくてとても柔らかいニブと比べて)全く曲がらないけど、書き味は信じられないくらいすごいんだよ。だからどっちかを検討中のリストに追加してもいいんじゃないかな。




16:投稿者さん

線のバリエーションについてはあんまり気にしてないかな。それより大きな万年筆が欲しいなって思ってるから。手持ちのパイロット823は長さも重さも良いんだけど、軸の直径とか幅がもうちょっと欲しいんだよね。
Pelikanの万年筆のデザインは結構好きだよ。実際グリーンのM600を持ってるし。ただやっぱりもうちょっと大きいのが欲しいんだ。だから問題はM800にするかM1000にするかということになるね。




17:海外の万年筆ユーザーさん

セーラーキングプロフィットエボナイト 長刀研ぎ中字と、Visconti Homo Sapiens Bronze Age Oversizeを持ってるぞ。
それぞれの違いについて書いてみる。

Visconti Homo Sapiens
・支払う価値のあるものは三種類しかない。リミテッドエディションは除く。
・品質管理はファンキーだから、評判の良いオンラインストアか実際に店舗に行って買うといい。
・Viscontiのパラジウムニブはウェットで面白いけど、万人に合うようなものじゃないかもしれない。
・チタン製のフィラーとフックセーフロックっていうキャップの仕組みはよくできてる。
・溶岩と真鍮で出来た万年筆が手に入れられる。

セーラーキングプロフィット
・セーラーオリジナルのニブは本当にすごい。長刀研ぎは太い線も細い線も書けるからかなり気に入ってる。
・長刀研ぎは西洋万年筆よりも字幅が太い。
・カートリッジ/コンバーターしかない。セーラーのコンバーターには当たり外れがある。
・普通のニブも良いけど、オリジナルのニブはもっとすごい。ただしお金がかかる。
・日本で買うか、日本のマーケットプレイスで買ったほうが安く済む。
・ニブの調整すると書き心地が変わる。

Pelikan M1000
・ビッグバード(Pelikanの大きな万年筆)は嘘つかない。書き味超スムーズ。
・ニブのサイズが違った場合でも交換が簡単。
・交換した後でも、ラインナップで示されてる字幅よりも太くなる。
・理由は超ウェットだから。クレイジーウェットといってもいい。


※ウェットペンはインクフローが多い万年筆のことです。インクがたくさん出やすいので筆跡も太くなります。そのため滲みや裏抜けを起こす可能性もあります。 詳細はこちらの「Dry(ドライ)」「Wet(ウェット)」について をご覧ください。



18:海外の万年筆ユーザーさん

これはPelikanだよ。
Viscontiと言いたいところだけどね……今のところ数々の問題を抱えてるようだから……。




19:海外の万年筆ユーザーさん

自分はVisconti bronze ageが大好きだよ。もちろんPelikan M1000も愛用してる。PelikanのほうがViscontiよりちょっと上かも。
近々セーラーも買うつもりだよ。




20:投稿者さん

まだ悩んでるけど、キングプロフィットかM1000のどちらかにしようと思う(他のものになる可能性もあるかも)。
最終的にViscontiは候補から外すことにしたよ。みんなありがとう!



21:海外の万年筆ユーザーさん

よし、じゃあコイントスで決めてみるか😃




22:投稿者さん

気持ちはキングプロフィットに傾いてるよ!
でも近いうちにM1000も試してこないといけないと思ってる。
今もViscontiとか他の万年筆とかに興味はあるけどねw




23:海外の万年筆ユーザーさん

それがいいと思うよ👍
俺は太字のM1000を持ってるけど、全く飽きがこないからね。だからきっと君も気に入ると思うよ。
アメリカの正規販売店から買うのなら、Chartpakに連絡するといいよ。満足いくまでニブの交換ができるからね。Pelikanの顧客サビースは本当に素晴らしいよ。


※Chartpakはアメリカの企業で、絵の具やマーカーなどの美術に使用する製品を販売しているようです。
Pelikanと提携しているようです。



24:投稿者さん

おおー、それを聞いたらPelikanが欲しくなってきたよ。




25:海外の万年筆ユーザーさん

キングプロフィットか、いいチョイスだ。
それとPelikanを買うときは、ニブの具合を予めチェックしてくれるような販売店から購入したほうがいいよ。




26:海外の万年筆ユーザーさん

セーラーキングプロフィットがベストだと思う。頑丈だし信頼性も高い万年筆だからね。
PelikanとViscontiはニブに色々問題を抱えてるんだ。だから調整してもらうために万年筆を送らないといけないかもしれない。






Visconti、散々な言われようですね……。批判をよく耳にしますが、Homo Sapiensは評判が良いみたいです。
どれも高額なので、しっかり調べたうえで購入しないといけませんね。

1 件のコメント:

  1. セーラーのコンバーターが酷いと感じているのは自分だけではなかった…
    頻繁に取れて、最初は万年筆側の問題かと思ったけど何本も似たような現象が起こるので、次セーラー買うことがあったら吸入式にしたいと思った…

    返信削除