ads area

【万年筆】「日本の14金製万年筆セーラープロフィットを手に入れたよ」 投稿者さんの達筆に称賛の嵐!(海外の反応)



上の画像はイメージ、サムネイル用です。


1:投稿者さん

万年筆を使い始めて一年、初の金ペンをゲットしたぞ! 二年目突入する前に何とか間に合ったよ。
買ったのはセーラープロフィット。ニブは細字でCursive Italicにしてもらった。



※Cursive Italicはイタリックニブの一種です。
イタリックというのは、ペン先が通常の字幅よりも幅広になっているもののことです。
表記は1.1イタリック、イタリック1.0などで、数字は幅(単位はmm、ミリメートル)を表しています。この投稿者さんは細字としか書いていませんが。
このニブでは縦の線は太くなり、横の線は細くなります。
カリグラフィー向けで、普段使いには向いていません。
また筆記時の角度に非常にうるさいので慣れるまでは大変と言われています。



2:海外の万年筆ユーザーさん

素敵なペンだね! 字もうまい!




3:投稿者さん

ありがとう:)




4:海外の万年筆ユーザーさん

ワォ、そのCursive Italicの幅ってどれくらい? 字幅なんて微妙な違いかもしれないけど、この線がすごく気に入ったから教えてほしい。




5:海外の万年筆ユーザーさん

これ自分も気になる! ちょうどCursive Italicを買おうかなって考えてて、こんな感じのやつがいいんだよ!




6:投稿者さん

幅はよく分からないんだよね。測るためのものも周りにはないし:(
でも調整はThe NibsmithのDan Smithって人にやってもらったよ。参考になればいいんだけど!
彼にやってもらったのはこれで二回目なんだ。使ってて楽しいよ。


※The Nibsmithは万年筆専門のオンラインストアです。



7:海外の万年筆ユーザーさん

個人的な話、ほとんどのスタブニブでクロスストローク(tやfの横棒)がワイドになっちゃうのが困りものでさあ。
でもこのCursive Italicは完璧だよ。


※スタブニブはペン先が通常の字幅よりも幅広になっているもののことです。
表記はスタブ1.1、1.0スタブなどで、数字は幅(単位はmm、ミリメートル)を表しています。
このニブでは縦の線は太くなり、横の線は細くなります。
カリグラフィー向けですが、イタリックニブと違って普段使いもしやすいように若干丸みを帯びています。



8:海外の万年筆ユーザーさん

おめでとう! 字もめちゃうまいじゃん!!




9:投稿者さん

ありがとう!




10:海外の万年筆ユーザーさん

美しい万年筆に綺麗な字。これこそ理想の形だ。




11:海外の万年筆ユーザーさん

自分は字がうまいほうだけど、これを見たらもっと頑張らないとダメだなって思った。
ほんと素晴らしい字だよ。




12:海外の万年筆ユーザーさん

>自分は字がうまいほうだけど
自画自賛:)




13:海外の万年筆ユーザーさん

ありがとう:)




14:海外の万年筆ユーザーさん

おお、最初のSailorの「S」は見事だ! 万年筆購入もおめでとう!




15:海外の万年筆ユーザーさん

良いチョイスだ!




15:海外の万年筆ユーザーさん

美しい字だなあ! ニブは誰に調整してもらったの?




16:投稿者さん

上でも書いてるけど、The Nib SmithのDan Smithさん。




17:海外の万年筆ユーザーさん

達筆だし、このイタリックニブもうまく調整されてるね。完璧!




18:海外の万年筆ユーザーさん

細いイタリックで驚いたよ🤤




19:海外の万年筆ユーザーさん

素晴らしい万年筆だ。




20:海外の万年筆ユーザーさん

だよね。素敵な万年筆だよ。
俺もセーラープロフィットのブラックラスターを買おうと思っていたんだ。でも誘惑に負けてプレステ4を買ってしまった。
そのせいでJinhao 159を注文するハメになったんだ。ああ恥ずかし。




21:海外の万年筆ユーザーさん

これはプロフィットスタンダード? ニブはどんな感じ?
今プロフィットレアロが気になっていてね。自分はセーラーの万年筆を一本も持ってないから聞いておきたいんだ。




22:投稿者さん

そうだよ、スタンダード!
最初は書き味が気に入らなかったんだよ。でも、書き味の悪さがインクに関係していると気づいたんだ。このとき入れていたインクはドライ系だったんだけど、試しにフローが良いものに変えてみたんだ。そうしたらすごく良くなってね、このニブがすごく気に入ったよ!


※ドライインクは乾きが早い、インクフローが渋い、粘度(表面張力など)が高い、滲みと裏抜けが起こりやすい、シェーディングが発生しにくいものを指します。
詳細はこちらの「Dry(ドライ)」「Wet(ウェット)」について をご覧ください。



23:海外の万年筆ユーザーさん

とても綺麗な字だけど、紙とインクは何を使ってるの?




24:投稿者さん

Clairefontaine wirebound notebookだよ。
インクは、ちょっと水で薄めたRohrer & Klingner Verdigrisを使ってる。


※クレールフォンテーヌのリングノートと思われます。



25:海外の万年筆ユーザーさん

金ニブを買うの一年も我慢したってこと? よく我慢できたね、すごいよ。
もちろん字もとても上手だよ。




26:投稿者さん

実はもっと早く買うつもりだったんだ。でも、気に入らなかったときのことを考えて、先にスチールニブのイタリックを買っておいたんだよ。これを無駄だとは思ってないからねww
ともかく、プロフィットを手に入れることができて嬉しいよ!




27:海外の万年筆ユーザーさん

パッと見、プラチナ 3776だと思ったわ。3776とプロフィットはかなり似てるんだな。




28:海外の万年筆ユーザーさん

最初の「S」がうますぎる。真似できるかなって思ってパイロットコクーン引っ張り出して書いてみたわ。これから練習しないと。
ほんと美しい字だよ!




29:投稿者さん

ありがとう!:) 正直、たまたまうまくいっただけだと思ってるww




30:海外の万年筆ユーザーさん

はー、これもう達人レベルじゃん! この万年筆を持つに相応しいと思うよ。




29:投稿者さん

ありがとう!:)






とても綺麗な字ですね。
イタリックニブ、スタブニブはローマ字圏で非常に人気だそうです。

0 件のコメント